Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

新選組にいた沖田、土方以外の”男前”とは?

 新選組の今で言うイケメンといえば、沖田総司が有名だが、沖田以外にも「隊中美男五人衆」と呼ばれたイケメンがいたという。
 まず、阿波出身の馬越三郎は、まるで絵の中に出てくるような美男子だった。隊員の武田観柳斎に言い寄られたこともあったが、決してなびかず、逆に武田が薩摩藩へ出入りしているところを見つけ、薩摩藩に内通していたことを突き止めている。

 維新後、40近くなった馬越とあった元隊員によれば、相変わらずの美男で20代にしか見えなかったという。

 加賀藩出身の山野八十八は、20歳を過ぎても愛嬌のあるかわいい顔をしていた。壬生寺の裏にあった「やまと屋」という水茶屋の娘と恋仲になり、女の子をもうけたが、その後生き別れる。

維新後は京都で学校の事務員になっていたところを、売れっ子芸妓になっていた娘に見つけ出され、その娘と幸せに暮らしたという。

 佐々木愛次郎も、色白の美少年だった。八百屋の娘と恋仲になったが、芹沢鴨に横恋慕される。芹沢から離れるため、娘と逃亡を図るものの、芹沢の手下に待ち伏せされ、殺された。まだ20歳前後だった。このとき、その手下に乱暴された娘も自殺した。

 馬詰柳太郎も、なかなかの美男子と評判だった。しかし、屯所近くの子守女をはらませたあげく、脱走してしまったという。

 五人目は、目のぱっちりした楠小十郎で、声まで女の子のように優しかった。しかし、長州のスパイだったことがバレ、10代のうちに副長助勤の原田佐之助に斬り殺されている。 

 ちなみに、この五人衆に沖田は入っていないが、そもそも沖田が美男子だったという話は、小説や映画から広まったもの。隊員の証言によれば、色黒のヒラメ顔で、美男子とはほど遠かったという。
スポンサーサイト
category
もう一つの歴史

グリーンピースで避妊

 みんなの中で避妊といえばコンドームやピルっていう固定観念があると思うけど、っていうより俺はそう。けど、そんな避妊具たちに顔を並べるハズだった功労者がいるんですねぇ。

 その功労者で食べ物なんだけど、その食べ物って実は『グリンピース』

 きっかけは、大麦とグリーンピースを主食としているチベット人の人口調査。チベット人は約200年もの間、人口が増えるわけでもなく減るわけでもなく、ほぼ一定の人口のレベルを保っていたことから、グリーンピースになんらかの人口増加制御効果、つまりは避妊効果があるんじゃねいの?と、なったわけなんですよ。そこに気付いた学者がスゴイと思うけどね。

 研究の結果、グリーンピースに含まれるmキシロヒドロキノンという物質に、たしかに避妊作用があることが判明した。ラットを使った実験もして、エサに30%のグリーンピースを混ざたたら、妊娠しないことが確認。また、グリーンピースから抽出されたmキシロヒドロキンを女性に投与したところ、妊娠が50~60%に激減。男性への投与でも精子が半減することがわかった。

 しかし、研究のさなか1,949年、ピルが登場。コイツがまたスゴイ!避妊率100%の避妊薬が開発されたのでグリンピースの出る幕はなく研究は終了した・・・ 残念だなグリンピース。

 でもグリンピースで精子が半減するのも事実なわけだし子供欲しくなるまで嫌いなグリーンピース頑張って食おうかな。
category
生活に役立つ知性

アブダクション事件の真相

 UFO&エイリアン問題を論ずるうえで、根源的なテーマが2つ存在する。ロズウェル事件とアブダクションである。
 アブダクションとは、エイリアンが搭乗するUFO内に拉致され、様々な人体実験を行われることを意味する。それどころか、様々な器具を体内に埋め込まれるケースも存在する(インプラント)。

 アブダクション事件の古典は、1961年に起きた「ヒル夫妻誘拐事件」である。夫妻はそろってUFOに誘拐され、夫は精液のサンプルを採取され、夫人はヘソに針を刺されたという。

 アブダクション事件研究の第一人者であるデビット・ジェイコブ氏は、アブダクションを「エイリアンによる子孫繁栄計画」だと指摘する。

 生殖機能の退化したエイリアンは、地球人の生物学的特長を調査し、地球上での自らの種族の子孫繁栄の方法を探っているのだというのだ。

 また、誘拐した人間の体内に異物を埋め込むインプラントは、発信機や生態データをとるための装置だと説明されている。はたして、本当にエイリアンによる人類拉致現象は存在するのだろうか?

 アブダクションに懐疑的な専門家は、「誘拐されたという記憶は、脳が作り出したものにすぎない」と指摘している。意識はあるが体は動かないという”半覚醒”の状態で人が幻覚を見ることは証明されているからだ。

 また、記憶の捏造現象も確認されている。催眠術や脳に電気刺激を与えることで、人為的にニセの記憶をつ作り出すことも明らかとなっている。そもそも、アブダクションを論じるには、UFO&エイリアンの存在が確認されてからではないと成り立たない。

 とはいえ、UFOにさらわれたと主張する人々の数は多く、体内に埋め込まれた謎の異物が発見されることも少なくないのだ・・・
category
未確認飛行物体~UFO~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。