スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

”呪われた路線”JR中央線

 都心と多摩地区を結び、JRのドル箱といわれている中央線は、疾走してくる電車への飛び込み自殺の多発路線として知られている。
 たとえば、1995年4月から11月までの8ヶ月間には、なんと26人もの人々が飛び込み自殺していたのである。10月12日には、午後6時ごろに新宿駅ホームで下り電車に男性が、午後8時ごろには阿佐ヶ谷駅近くの中央線線路内で、上り特急列車に女性が飛び込み、続く午後10時には阿佐ヶ谷駅で、下り列車にこれまた女性がはねられ死亡している。いずれも自殺と見られるが、わずか3時間半で3人の死亡事故というのはきわめて異例の事態が「呪われた路線」」中央線を象徴しているかのようだ。

 JR他線と比較すると、1995年度当時の上半期(4月~9月)の統計を見ると、山手線5件、京浜東北・根岸線4件、そして中央線は17件と突出しており、数字が飛び込み自殺の発生率の高さを物語っている。そしてまた、目撃者が報告する自殺の状況がミステリーじみているのである。

 ある目撃者によると、ホームに並んでいたら、近寄りがたい異様な雰囲気の若者がいたという。後ろ姿は老人に見え、まるで呪われたような姿、と思った瞬間、ふっと吸い込まれるようにホームから消えたというのだ。まるで、悪魔が彼を引き寄せたように思ったと証言しているのだ。

 一連の自殺者たちには、性別や年齢、職業にとくに偏りはない。そして、時間、場所、動機などの共通性はなく、関連性も見られないのである。ただ、その多くがほかの地域からやってきてホームから線路へと身を投じるのである。実際に、自殺の名所と化した踏切まで存在した。少なくとも5人は亡くなっている車の通れないような小さな踏切である。その踏切の近くでは、人魂が出たとか、生首が落ちていたなど、あらぬ噂も飛び交う始末。

 半年間で26件という飛び込み自殺が発生しているJR東日本立川地区では、原因を究明することもままならず、対策も打つことができなかったという。

 それにしても、なぜこうも自殺が多発したのだろうか?。携帯電話の普及著しかった当時、話題になっていた電磁波は、人体ばかりでなく、脳にもかなりの影響を与えることがわかってきた。ご承知のとおり、電車が線路上を疾走してくると、強い電磁波が発生する。特に事故や飛び込み自殺が多発する「魔の踏み切り」と呼ばれた地点では、実際に電磁波の異常が検知されたこともある。

 不安定な電磁波が磁場の異常を起こし、注意力を散漫にするなど、精神状態にかなりの影響を及ぼすといわれている。当然、駅のホームでも同様の現象が発生していると考えられる。電車がホームに走り込むことによってホームの一角に強い電磁波が発生する。それは、「死に往く」ことを決意した人たちに対して、一層「自殺」という行為を喚起させてしまう効果をもたらしているのかもしれない。

 こうした飛び込み事件にの多発により、いまや中央線は高架線へと変貌している。しかしながら、いまなお飛び込む人は後を絶たず、中央線は変らず「呪われた路線」のままである。
スポンサーサイト
category
怪奇現象
genre
theme
怪奇・超常現象

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。