スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

お酒のつまみにおにぎりはNG

 夏が来ました。ビールが美味しくなる季節です。そんなお酒にちなんだチョットだけ役に立つお話をしましょう。

 お酒を飲むときにおつまみは必需品。けど、このおつまみによっては大変なことに・・・ 最初に言っておくと『おにぎり』はNGなんです。

 なんと『おにぎり』はお酒と一緒に食べると悪酔いしてしまうんです。お酒が体内に入るとアセトアルデヒドという毒性の強い物質に分解される。この物質がお酒を飲む人なら誰もが経験したことのある頭をガンガンさせたり心臓をドキドキさせる原因。

 おにぎりなどの糖分は、このアセトアルデヒドを生成するスピードを早めてしまうため体内にアセトアルデヒドがたまり悪酔い状態になってしまう。

 逆に、どんなつまみが理想的なのかというと高タンパク質なもの。高タンパク質食品は、肝臓でアルコールを解毒する酵素をつくるので血中からアルコールの消失を高めてくれる。例えば豆腐は植物性の良質なタンパク質なので、おつまみに最適。肉や魚も高タンパク質だけど、肉はとりすぎるとコレステロール値を高めるのでほどほどに。

 まぁ いろいろ気をつけても飲みすぎては役に立たないけどね。この夏、お酒の失敗のないように楽しく飲みましょうね。
スポンサーサイト
category
生活に役立つ知性
genre
theme
どうでもいいこと

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。