スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

青森で起きた牛の変死事件

 1998年、二頭の牛が相次いで変死体で発見されるという奇怪な事件が発生した。
 最初の変死は、8月31日、町の中心部から15キロほど離れた牧場で起こった。牧場監視人が、乳房を丸くスッパリと切り取られて死んでいる二頭の牛を発見したのである。

 黒毛和種の四歳のお雌牛で、体長2.5メートル、体重400キロ。10人がかりでも取り押さえるのは容易でないほどの巨牛だった。

 乳房の切り口は直径25センチ、深さ15センチ。奇妙なことに血の流れた跡はなく、外傷や暴れた形跡もまったくない。周辺を捜したが、切り取られた部位は見当たらなかったという。

 事件はさらに続いた。今度は10月初めに、同町の別の牧場で雌牛一頭がやはり乳房を切り取られて死んでいたのだ。そして前回同様、死体にはもちろん周辺にも血は流れていなかった。

 検視した獣医は「病死」としているが、どちらの牛も前日までピンピンしていたといい、こんな状態での病死というのは考えられない。

 アメリカでは「アニマル・ミューティレーション」と呼ばれる、これとよく似た家畜の変死事件が1972年以来多発し、すでに2万頭以上の牛が惨殺されている。しかも、事件現場付近でUFOが目撃されるケースも多いため、一部の研究者たちは、アニマル・ミューティレーションはUFOのしわざではないかと主張している。

 今回のケースも、同様にUFOが関係していると考えてもおかしくない。実際、死んだ牛の持ち主の知人が、事件当夜、牧場方面へ奇妙な光体が飛んでいくのを目撃しているのだ。そればかりか、牛の変死事件が発生したじきに、青森市内ではUFOの目撃が相次いでいたのである。

 その目的は謎だが、この現場周辺でUFOがなんらかの活動をしていたことは間違いない。青森という場所はUFOの目撃が多かったりピラミッドがあったりキリストの墓があったりと不思議な力と都市伝説が数多くある素敵な場所である。
スポンサーサイト
category
怪奇現象
genre
theme
怪奇・超常現象

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011⁄08⁄17(水)
  • 21:42

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011⁄08⁄20(土)
  • 13:21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。