スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

コカ・コーラは元々は薬だった!?

  今じゃ世界中誰もが知っているコカ・コーラ。コカ・コーラにはサンタクロースのイメージカラーを作った。コカ・コーラのビンのボトルは理想の女性の体のライン。昔は飲みすぎると骨が溶けるとか、糖分の取りすぎで体に良くないんじゃないか?なそいろいろ説が多数あるコカ・コーラ。そんなコカ・コーラが元々は薬だった!?というお話をしましょう。

 そもそもアメリカでコカ・コーラが発売されたのが1886年。ジョージア州に「住む薬剤師のジョン・ペンバートンが、カラメル色のシロップを作っているときに、間違って水の変わりに炭酸水で作ってしまった。ところが、これが大好評で商品化したのがはじまり。

 さて、コカ・コーラの原料は、コーラノキの種子とコカノキの葉で、名前もここからきている。コカノキの葉はコカインを含み、産地である南米の原住民は、葉を噛んで疲労回復薬とする習性がある。 また、熱帯西アフリカ原産のコーラノキの種子は、カフェインなどを含んでいて興奮薬とされていた。

 薬としての効果がどれほどだったかは定かではないが、炭酸水とコカとコーラが組み合せることによってコカ・コーラの誕生となった。

 ちなみに最近もっぱらテンションを上げるときはコーラを飲んでます。
スポンサーサイト
category
素朴な疑問
genre
theme
どうでもいいこと

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。