スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

アブダクション事件の真相

 UFO&エイリアン問題を論ずるうえで、根源的なテーマが2つ存在する。ロズウェル事件とアブダクションである。
 アブダクションとは、エイリアンが搭乗するUFO内に拉致され、様々な人体実験を行われることを意味する。それどころか、様々な器具を体内に埋め込まれるケースも存在する(インプラント)。

 アブダクション事件の古典は、1961年に起きた「ヒル夫妻誘拐事件」である。夫妻はそろってUFOに誘拐され、夫は精液のサンプルを採取され、夫人はヘソに針を刺されたという。

 アブダクション事件研究の第一人者であるデビット・ジェイコブ氏は、アブダクションを「エイリアンによる子孫繁栄計画」だと指摘する。

 生殖機能の退化したエイリアンは、地球人の生物学的特長を調査し、地球上での自らの種族の子孫繁栄の方法を探っているのだというのだ。

 また、誘拐した人間の体内に異物を埋め込むインプラントは、発信機や生態データをとるための装置だと説明されている。はたして、本当にエイリアンによる人類拉致現象は存在するのだろうか?

 アブダクションに懐疑的な専門家は、「誘拐されたという記憶は、脳が作り出したものにすぎない」と指摘している。意識はあるが体は動かないという”半覚醒”の状態で人が幻覚を見ることは証明されているからだ。

 また、記憶の捏造現象も確認されている。催眠術や脳に電気刺激を与えることで、人為的にニセの記憶をつ作り出すことも明らかとなっている。そもそも、アブダクションを論じるには、UFO&エイリアンの存在が確認されてからではないと成り立たない。

 とはいえ、UFOにさらわれたと主張する人々の数は多く、体内に埋め込まれた謎の異物が発見されることも少なくないのだ・・・
スポンサーサイト
category
未確認飛行物体~UFO~
genre
theme
都市伝説・噂話

Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。