スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

グリーンピースで避妊

 みんなの中で避妊といえばコンドームやピルっていう固定観念があると思うけど、っていうより俺はそう。けど、そんな避妊具たちに顔を並べるハズだった功労者がいるんですねぇ。

 その功労者で食べ物なんだけど、その食べ物って実は『グリンピース』

 きっかけは、大麦とグリーンピースを主食としているチベット人の人口調査。チベット人は約200年もの間、人口が増えるわけでもなく減るわけでもなく、ほぼ一定の人口のレベルを保っていたことから、グリーンピースになんらかの人口増加制御効果、つまりは避妊効果があるんじゃねいの?と、なったわけなんですよ。そこに気付いた学者がスゴイと思うけどね。

 研究の結果、グリーンピースに含まれるmキシロヒドロキノンという物質に、たしかに避妊作用があることが判明した。ラットを使った実験もして、エサに30%のグリーンピースを混ざたたら、妊娠しないことが確認。また、グリーンピースから抽出されたmキシロヒドロキンを女性に投与したところ、妊娠が50~60%に激減。男性への投与でも精子が半減することがわかった。

 しかし、研究のさなか1,949年、ピルが登場。コイツがまたスゴイ!避妊率100%の避妊薬が開発されたのでグリンピースの出る幕はなく研究は終了した・・・ 残念だなグリンピース。

 でもグリンピースで精子が半減するのも事実なわけだし子供欲しくなるまで嫌いなグリーンピース頑張って食おうかな。
スポンサーサイト
category
生活に役立つ知性
genre
theme
どうでもいいこと

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2010⁄09⁄03(金)
  • 09:53

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2010⁄09⁄14(火)
  • 19:14

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2011⁄07⁄20(水)
  • 03:44
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。